アパート経営で土地活用をするメリット

長年土地活用の定番といえばアパートの経営が挙げられますが、何が要因で根強い人気があるのでしょうか。

アパート経営で土地活用をするメリット

土地活用の定番といえばアパートの経営

以前から土地活用の代表といえばアパートの経営があげられます。不況が続いたり少子化が進行したりと、アパートの経営には逆風的な要因が多い中、未だに根強い人気があるアパート経営。何故長年にわたって安定的に人気があるのでしょうか。
最大の要因は税制面での優遇措置が大きい点です。土地を多く所有していれば固定資産時や将来的な相続税に悩まされるのですが、建物を建てることで土地の自由度が制限され評価額の軽減につながり税金を安くすることが出来るのです。その建物の中でもアパートというのは家賃収入も期待でき一石二鳥となるのです。さらに店舗などの収益目的の建物と違い、住まいを提供するという意味合いから建物そのものの税金も安く評価され大変効果的な活用方法なのです。
建築資金を借りる場合にも有利な面があります。同じ賃貸物件でも店舗の場合には収益性が高い代わりにテナントが出てしまったら収入は入らなくなり、いわゆる100か0かの極端な案件ということで金融機関も融資に慎重になりがちです。一方アパートというのは一度にすべての入居者が退去するとうのは考えにくく、収益性は低くてもそれなりに収入は確保出来るという安全性があり、融資先としては非常に優良物件として扱われます。更に最近のアパートには家賃保証をつけた管理会社に委託するケースがほとんどなので、より一層安全性が確保されているという状況です。こうした税金面での優遇、資金の借りやすさ、管理のし易さなどが相まって、土地活用での根強い人気を支えている状況となっているのです。

お役立ち情報

  • 立正大学生におすすめのマンション揃っています【株式会社毎日コムネットレジデンシャル】